Cryptocoryne minima クリプトコリネ ミニマ

この場所におけるクリプトコリネ・ミニマは、小川の岸辺から森の奥深くまで生息している。
しかし陸上の場合、群落よりも単独で生育している傾向が強く、株自体も大きい傾向にあり、主に陸上の場合花を咲かせ種子繁殖を狙っているものと思われる。
またこの場所では雨季になると森の奥深くまで水が行き渡り湿地へと変化していき森のほとんどが水没する。
また陸上の場合はミズメイガによる食害も少なく、株の成長におけるストレスも少ないため一枚一枚の葉が雄大になり見事な株へと成長するのも陸生の特徴でもあるが、干ばつなどの自然現象への適応という面からもさまざまな変種(バリエーション)を作り出した。